イベント案内

物質・情報卓越教育院講演会「マテリアルズインフォマティクスに資するデータ駆動科学」

物質・情報卓越教育院(TAC-MI)では、物質・材料研究機構(NIMS)の永田賢二氏をお招きし、講演会を開催します。
マテリアルズインフォマティクスの具体的な活用に興味のある方はぜひご参加下さい。

日時2019年8月6日(火)15:30~17:00(15:00開場)
会場大岡山キャンパス 西8号館E棟10階 情報理工学院大会議室
対象者TAC-MI会員企業,TAC-MI登録学生,本学学生,本学教職員
講演者永田賢二

       国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)
      統合型材料開発・情報基盤部門(MaDIS)
      材料データプラットフォームセンター
      材料データ解析グループ 主任研究員

(概要) Materials Genome Initiativeに代表されるように,材料開発において情報科学を有効に活用することは国内外問わず大きな注目を集めている。その中で,得られた実験データや計算データから背後に潜む構造を抽出し,新たな機能を予測する技術としてデータ駆動的方法が活躍している。
  本発表では,講演者がこれまで関わってきたデータ駆動的方法の活用事例として,ベイズ推定に基づくスペクトル分解法やスパースモデリングに基づく触媒反応予測について紹介する。

(参加申込)予約は不要です。

最新の記事へ
一覧ページへ
過去の記事へ

連絡先 東京工業大学 物質・情報卓越教育院事務局
tac-mi[at]jim.titech.ac.jp